録画されたWebinar

近年、激しさを増す自然災害に対して、従来のGIS(地理情報システム)や、応急措置的につくられた災害対応システムだけでは、十分な対応が取れないことがはっきりしつつあります。そのような制約に対し東京電力パワーグリッドがどのようにIQGeoプラットフォーム(myWorld)を活用し、災害対応の期間短縮に努めたかをご紹介します。

Webinarを見る(東京電力パワーグリッド様ゲストスピーチ含む)

近年益々激しさを増す自然災害。昨年日本を襲った大型台風15号、19号も記憶にあたらしいところですが、その台風災害対応のために次世代地理空間情報プラットフォームであるIQGeo  myWorldを活用した東京電力パワーグリッドその活用例を中心に、本年~来年にかけての災害対応に備えるために、今どんなテクノロジーを使うべきかをご紹介致します。

社会インフラを担う企業、事業体の方は必見です。

  • 次世代地理空間情報プラットフォームとは
  • 災害対応に求められる地理空間情報プラットフォームとは
  • 東京電力パワーグリッドによる令和元年台風被害対応事例
  • 本年~来年の自然災害に備えるために
TEPCO_storm_790x400

このウェビナーで、あなたは

自然災害発生時の本部と現場の連携

地理空間情報プラットフォームを活用した情報共有のしかた

BCPを考慮した地理空間プラットフォームの利点

既存システムや外部クラウドサービスの有効な連携策