録画されたWebinar

東電、デロイト、佐世保市水道局に学ぶレジリエンスなネットワークの構築

Webinarを視聴

新しいテクノロジーの台頭と規制の増加によって、ユーティリティネットワークとテレコムネットワークは複雑さを増しています。 FTTx、5G、グリッドの近代化、IoTセンサーはすべて、新しい世代のネットワーク構築へのドライバーとなっています。これに加え説明責任として(万が一に備え)災害シナリオを評価して対応する必要もあるなど、ネットワーク事業者は多くの新しい課題に直面しています。

IQGeoとそのパートナーは、絶えず変化する環境に対応するレジリエント(回復力のある)で、効率的な地理空間ネットワーク戦略を作成することにより、ネットワーク事業者が課題をチャンスに変えるのを支援することに完全にフォーカスしています。

社会インフラを担う企業、事業体の方は必見です。

 

  • IQGeo – レジリエントなネットワーク構築のために必須な要素
  • 東京電力パワーグリッド – 被害評価と復旧対応に関するアップデート
  • 佐世保市水道局 – 水道事業の持続性の確立に向けたデジタル技術の活用
  • デロイト – エネルギー業界の課題と対応策(ディスカッション)
IQGeo-Network-Manager-for-telecoms-screen-shots-300x236

ビジネスにおける地理空間技術の役割を再考する

市場投入までの時間の短縮

運用コストの削減

運用の安全性を強化

顧客満足度の改善